【楽すぎる】警備員バイトのリアルな仕事内容とメリットデメリット

AD

【楽すぎる】警備員バイトのリアルな仕事内容とメリットデメリット
  • 警備員ってずっと立ちっぱなしなの?
  • 高校生でも働ける?
  • 危険な業務はあるのかな

警備員は離職率が高い仕事と言われており、事前に下調べをせず適当に応募した人が辞めていきます。この記事では警備員バイトの仕事内容からメリットデメリットまで知ることができます。

この記事を読むと警備員の中でもきつい仕事、楽な仕事がわかります。

警備員の中でも最も楽な仕事は施設警備員です。立ち仕事のイメージとは反対に、座り仕事が8割で中には内職やスマホを触っていられる現場もあります。

お祝い金増額キャンペーン中

警備員バイトの仕事内容

警備員は道路や駐車場、イベント会場やショッピングモール、ビルなどで誘導や警備の業務を行います。危険度やセキュリティの重要度が高い仕事は警備会社が担当しているので、警備員バイトには危険で難しい仕事はありません。

警備は専門的な職業であり、スキルを身につけ高めるほどさまざまな警備業務に携わることができます。

警備員バイトの仕事の流れ

  1. 集合場所到着・点呼
  2. 警備服に着替え
  3. 朝礼・仕事内容確認
  4. 業務(基本的に持ち場を2人や3人で回す)
  5. 業務終了
  6. 着替え

警備員のバイトは3種類あります。

  • 交通誘導警備
  • 催事警備(イベント警備)
  • 施設警備

交通警備員

仕事のきつさ
(4.5 / 5.0)
立ち仕事・座り仕事立ち仕事
年齢層幅広い
働いている人フリーターが多い
男性向け・女性向け男性向け

交通誘導警備は道路工事の現場やショッピングモールの駐車場などで交通誘導を行います。工事現場内の交通誘導も行い、道路工事で車線を減らしている場所でスムーズに車と人が流れるよう誘導します。

交通誘導は屋外で立ちっぱなしで働く場面が多く、男性向きの仕事です。冬の夜勤は大変寒く、年齢が上がると体力的にきつい方もいます。

道路工事や工事現場の交通誘導には夜間の仕事もあり、深夜手当が稼ぎやすいというメリットもあります。

ゆっきち
ゆっきち

交通警備員は求人が一番多いです。

催事警備員(雑踏警備/イベント警備)

仕事のきつさ
(4 / 5.0)
立ち仕事・座り仕事立ち仕事
年齢層若年層が多い
働いている人学生が多い
男性向け・女性向け両方OK

雑踏警備の仕事内容は花火大会やコンサート会場など不特定多数の方々が集まる場で、人や車の交通を整備するのが仕事です。基本的に立っており、車や歩行者が来たときだけ交通誘導、道案内・問い合わせ対応をします。

夜間は酔っ払いが出没しやすく、揉め事に巻き込まれることも多くあります。

基本的に屋外の仕事が多いですが場合によっては屋内での仕事もあります。女性も荷物検査などで働くことができます。

ゆっきち
ゆっきち

コンサート会場やアイドルの握手会、アニメ・コスプレ系のイベント、野外フェスなど、レアな現場で働けるのもこの仕事の特徴です。

施設警備員

仕事のきつさ
(1.5 / 5.0)
立ち仕事・座り仕事8割 座り仕事
年齢層中年層が多い
働いている人フリーターが多い
男性向け・女性向け両方OK
女性にもおすすめ

施設警備員バイトがする仕事内容は次の通りです。

  • 施錠の確認や施設や敷地内の巡回
  • 防犯カメラでのモニタリング
  • 建物の入口などでの監視

各種施設の警備室に常駐したり敷地内を巡回したりして、火災や事故、犯罪の防止、突然のトラブルへの緊急対応を行います。施設警備はショッピングモールやビル、娯楽施設などで働きます。

施設警備員は屋内で過ごす時間が長いため、暑さや寒さの厳しい時期もそれほどきつく感じません。厳しい現場でなければ、スマホを使ったり内職をすることも可能です。

中には夜間の見回りなども業務に含まれます。

施設警備を主な業務とする会社では「施設警備業務検定」のような資格を持つ方や経験者の方が選考に有利です。

ゆっきち
ゆっきち

他の2つと比べると体力的に楽なケースが多く、警備員の中でも人気の高い職場です。

警備員バイトの研修ってどんなことをするの?

警備員として働くには、研修の受講が義務付けられています。

  • 基本教育
  • 業務別教育

合計20時間学びます。警備講習中も給与が発生します。

基本教育

基本教育は警備の仕事で必要な基礎知識の学習です。研修は20時間で4日間かけて行うことが多いです。

  • 警備に関係した法律や心構え
  • 事件や事故発生時の対処
  • 護身道具の使い方
  • 救命措置など

警備の仕事に欠かせないさまざまなルールをしっかり理解します。それらを覚えたら、誘導灯やトランシーバーなどの機器の使い方や護身術などの実習に取り組みます。

業務別教育

業務別教育は実際に働く現場の知識を学びます。

  • 交通誘導警備
  • 催事警備
  • 施設警備

それぞれの仕事に合わせた内容を学びます。常駐警備や交通誘導警備など、必要な専門知識と技能の講義を受けます。

新任研修・現任研修とは

初めて受ける研修を新任研修といい、2回目以降は現任研修となります。

現任研修は定期的に受講することが義務付けられています。半年に一度、基本教育3時間以上と業務別教育5時間以上を受けます。年間で16時間以上の研修を受けることが必要です。

警備員バイトの勤務時間

警備員の業務には夜勤帯の仕事もあります。

  • 交通誘導警備の勤務時間
  • 催事警備員の勤務時間
  • 施設警備員の勤務時間

それぞれの勤務時間を見ていきます。

交通誘導警備の勤務時間

交通整備や施設警備は8時間以上のシフトで長時間働くケースが多いです。深夜のシフトには深夜手当が別途支給されるので、高時給も期待できます。

警備員の勤務時間はシフト制のところが多いです。フルタイムや短時間勤務など自分の働き方に合わせて勤務時間を選べます。

催事警備員の勤務時間

イベントなどの雑踏警備では、イベント時間前後のみの勤務になることが多いです。イベント系の警備員バイトは勤務時間が4,5時間程度で、単発の案件が多いです。

施設警備員の勤務時間

施設警備バイトの勤務時間は次のようになります。

  • 当務は午前9時から翌朝9時で、実働16時間(うち休憩4時間、仮眠4時間)
  • 日勤は9時から18時で実働6時間(うち休憩3時間)
  • 夜勤は21時から翌朝9時で実働6時間(うち休憩3時間)

設備警備のバイトでは一回の夜勤で16時間勤務もあります。16時間勤務の場合は3時間〜4時間ほどの仮眠時間があります。

ゆっきち
ゆっきち

迷っている人は、まずは施設警備員からはじめてみましょう。

警備員バイトのきついところ・デメリット

警備員バイトのきついところ・デメリットは以下の通りです。

  • 天候や季節の影響を受ける
  • 長時間立ちっぱなしになる
  • 暇な現場はやることがなくて辛い
  • 生活リズムが崩れる
  • 新しい出会いがない

天候や季節の影響を受ける

現場が屋外の場合、天候の影響をダイレクトに受けます。暑さ寒さ、雨天の日は特に大変です。

交通誘導警備を担当すると屋外での仕事となります。雨の日には作業ができず休みになることもあります。

勤務回数や時間が減る時期があるため、収入が不安定になる可能性もあります。

施設警備は商業施設内での仕事が多いです。気温や天候に左右されないため体力面では安心です。

長時間立ちっぱなしになる

警備員の勤務は基本的に立ち仕事が多いです。屋外での仕事では雨や雪の日でも外での勤務が求められます。

休憩は取れますが、体力に自信がない方は短時間勤務から体を慣らしていくことをおすすめします。

忙しい時間帯に当たると3,4時間は立ちっぱなしということが多いです。特に交通整備やイベント系など休憩スペースが整備されていない場所ではまともに休憩できないこともあります。

暇な現場はやることがなくて辛い

やることが少なく単調な業務となるため退屈を感じることが一般的です。同じ場所での立ち仕事が続くと、体力的な疲労も伴います。

話し相手もいないと暇な時は辛いです。外部の人から見える場所に配置される場合は、やることがなくてもスマホは触れずきちんと立っていなければなりません。

生活リズムが崩れる

夜勤帯で働く場合、生活は不規則になります。4時間ほどの仮眠は取れますが、家に帰ってから寝ることが多くなります。

慣れるまで睡眠の質は落ちがちで常に眠い状態になることもあります。昼間しか開いていない銀行窓口や病院の外来には寝ない状態で出向くので辛いと感じる人もいます。

季節や気候によるきつさも増すデメリットがあります。

新しい出会いがない

基本的には固定のメンバーで入ることが多く、日々の業務内容もある程度固定されています。そのため新しい出会いが少ないです。

男性がほとんどのため女性との出会いを求めている方には向かないかもしれません。

警備員バイトの楽なところ・メリット

警備員バイトの楽なところ・メリットは以下の通りです。

  • 自分に合った働き方を選べる
  • 仕事が楽
  • 日払いに対応している
  • まとまった時間で効率よく稼げる
  • 対人関係や接客スキルが問われない

自分に合った働き方を選べる

警備員のバイトでは勤務日を比較的自由に調整できます。シフトは1週間ごとに提出するのが一般的です。

学生のバイトや社会人のWワークなど、さまざまなワークスタイルにも適しています。給料の支払い方法も日払いや週払いなど、柔軟に対応している求人も多数あります。

警備員バイトは単発で仕事をもらったり、日中のみや夜勤のみなどの希望を聞いてもらえることも多いです。しかし拘束時間が長いため平日の大学後などに働きたいという人には不向きです。

仕事が楽

渋滞や人通りのピーク時以外の時は暇でアルバイト初心者にはおすすめです。基本的に拘束時間は長いですが覚えることは少なく、仕事自体は楽です。

施設警備は商業施設内での仕事が多く、気温や天候に左右されません。たいていは座ってじっとしている現場が多く、体力面でも安心です。

日払いに対応している

会社によっては日払いや週払いに対応していることもあるためすぐにお金が欲しい方にもピッタリです。緊急でお金が必要な場合にも単発で入れるバイトです。

まとまった時間で効率よく稼げる

警備員バイトは基本的に拘束時間が長いので、一日で2万円近く稼げることもあります。平均給与の水準は低いですが、資格手当や夜間帯の勤務での手当は充実しています。

休憩中も時給が発生する警備会社では、実質3分の2の時間しか働いていないのに満額の日給をもらえます。

スキルが不要

基本的に1人で行う仕事のため周囲とのコミュニケーションは最低限で大丈夫です。そのため単独行動が好きな方にも向いていると言えます。

しかし警備員をしていてもスキルは身につかず、得られるものも少ないです。

警備員バイトの給料(平均時給・月収)と給料の上げ方

警備員バイトの給料相場

  • 平均時給1041円
  • 平均日給9182円

警備の種類によっては給与体系が異なり、施設警備は時給、交通誘導は日給が多いです。警備員のバイトは働いた翌日に振り込んでくれることもあり、直接手渡しでもらえることもあります。

給料を上げる方法は次の3つがあります。

  • 資格を身につける
  • 夜勤で働く
  • 長く勤務する

夜勤で働く

夜勤で働くと25%が上乗せされます。夜勤は日給が高いところも多いです。

都内で給料が高いところでは、夜勤ならば日給18,000円以上も稼げることがあります。

駐車場警備は昼勤が多く、イベント警備は夜勤が多い傾向です。

資格を身につける

資格があれば資格手当もあります。警備業法により、国家資格を持っていないと担当できない業務や有資格者でないとできない仕事もあります。

専門職である警備員の専門性を示す資格として、警備業務検定や警備員指導教育責任者講習などがあります。

中には資格手当が5000円以上の求人もあるため取得を目指してみるのも良いでしょう。

長く勤務する

長く勤務することで昇給につながりやすくなります。資格の取得やバイトリーダーのような役職に就けば、時給を上げることができる会社もあります。

警備員バイトの年齢層・高校生や女性は働ける?

警備員でバイトできる年齢層や条件について、よくある質問に答えていきます。

年齢層は?

年齢層は業務内容によって異なってきます。

交通警備員年齢層が広い
催事警備員若年層
施設警備員中高年

フリーターが最も多く、年齢層は20〜60代までと幅広です。60歳で定年を迎えた方が65歳で年金をもらい始めるまでの間アルバイトを選ぶことが多いです。

警備員バイトは高齢者の採用を積極的に行っているため、老後も働きたい方にはおすすめです。大学生や専門学校生もいますが多くはありません。

高校生は働ける?

警備業法により、18歳以上でないと警備員アルバイトはできません。しかし高校生は不可としているところが多いです。

最高年齢の制限はなく、大学生からシニアの方までさまざまな年代の方がいます。

女性は働ける?

最近では女性の警備員の求人も増えています。道案内や迷子の誘導など、施設警備をメインに行う会社では女性を採用する会社も増えています。

女性はパートで働く主婦の方が多く、主に日勤のシフトで9時から17時くらいの間に勤務しています。

警備員はどんな人に向いている?

以下の条件を満たす人は警備員バイトに向いています。

  • 真面目に仕事に向き合える人
  • 体力に自信がある人
  • 警備員の仕事が好きな人

真面目に仕事に向き合える人

警備員は安全を守る仕事のため、真面目に仕事に取り組める人が好まれます。警備員としての仕事をしっかりとこなすには周りからの信頼が必要です。

体力に自信がある人

警備業務は基本的に立ち仕事で、天候の影響を直接受けます。そのため運動習慣があり体力に自信がある方は警備員に適しています。

夜勤は昼夜逆転するため、体調をしっかり管理している健康な方であれば問題なく勤務できます。

警備員の仕事が好きな人

人の安全を支えることにやりがいを感じる方は警備員が向いています。大勢の人をスムーズに誘導できたときや工事現場や施設が何事もなく終わった瞬間には、達成感や喜びを味わえます。

場の関係者や施設利用者から直接「ありがとうございます」と感謝の言葉をかけられることも、警備のバイトならではです。

警備員バイトの口コミ・評判

ここでは警備員バイトのリアルな口コミを集めました。良いクチコミからイマイチなクチコミまで幅広く紹介しているので、参考にしてください。

楽しくない職場

おじさんばっかりで若い人が少なく、根暗な人が多い。協調性があまりないように思える。残業ばかりでプライベートがあまりない

ALSOKバイト 評価:☆☆☆☆

独身男性なら

独身男性なら、夜勤で稼げます。しかし、女性の夜勤は基本的にはありませんので、稼ぎづらいと思います。昇任試験は、合格しやすくなってきていますので、徐々に良い方向に進んでいると思います。

ALSOK 評価:☆☆

場所による

勤務地によるが、キツいところは死ぬ程キツいので覚悟がいる。また、拘束時間がめちゃくちゃ長いのでしんどいです。

セコム 評価:☆☆

悪くない

内勤者が現場についての詳細やわからないことを詳しく教えてくれたりと話しやすい環境があることが多いと思いました。また、内勤者の大半は若い人が多い印象があり、活気がある感じがしました。隊員の方々も現場の詳細をわかりやすく、教えてくれることが多いのでそこが安心材料になるかと思います。
総合的に人間関係はいい方に作りやすいかと思います。

株式会社イコー保安サービス 施設警備員 評価:☆☆

研修が短い

研修期間はもうけられているが、それ以上に覚えることが多く大変である。一人での勤務になるためわからない対応に終われることが多くある。

セコム 評価:☆☆

転職できない人の会社

楽な仕事場ときつい仕事場との差が激しく、仮眠4時間で24時間以上働かせることが多い。万年人不足で半年以内に転職できる年齢の人はやめる。講習もおじさんしかいない。また仕事中に携帯を使えないので注意。1日以上使えません。

セコム 評価:☆☆

悪くない

内勤者が現場についての詳細やわからないことを詳しく教えてくれたりと話しやすい環境があることが多いと思いました。また、内勤者の大半は若い人が多い印象があり、活気がある感じがしました。隊員の方々も現場の詳細をわかりやすく、教えてくれることが多いのでそこが安心材料になるかと思います。
総合的に人間関係はいい方に作りやすいかと思います。

株式会社イコー保安サービス 施設警備員 評価:☆☆

警備員バイトの面接対策と採用されるコツ

面接では以下の点に気をつけましょう。

  • 清潔感のある身だしなみで面接に臨む
  • 大きな声でハキハキと応答する
  • 体力面での強みをしっかりとアピールする

清潔感のある身だしなみで面接に臨む

警備員のバイト面接でもある程度清潔感のある服装で行くことをおすすめします。

大きな声でハキハキと応答する

警備員の仕事には大声を出す機会が多いです。そのため大きな声でハキハキと応答することが大切です。

仲間として信頼でき、必要なコミュニケーションがとれる方かどうかを見られます。少数の面接官の前で声が小さくなってしまうと大勢の前での業務が難しいと判断され、採用が見送られる可能性があります。

体力面での強みをしっかりとアピールする

面接ではスポーツの経験などを聞かれることも多いです。体力面での強みをしっかりとアピールしましょう。

風邪をひきにくいことやスポーツの経験などがあればアピールポイントとなります。

警備員バイトの志望動機の例

警備員のバイトで考えられる志望動機をいくつか例文を作ってみました。考える時の参考にしてください。

人の役に立ちたい

警備員のバイトを応募した理由は人の役に立ちたいと思ったからです。過去のスポーツ経験を活かして、体力を要するこの仕事に挑戦したいと思っています。また、団体での仕事はチームワークが大切と聞き、そうした環境での協力を楽しみにしています。警備員としての経験を通じて、安全な社会を実現する手助けができればと考えています。

過去に助けてもらった経験がある

子どもの頃に迷子になった時に一人で不安を感じていた私を警備員の方が優しく助けてくれました。その時の頼もしさや安堵感から、いつか私も人の役に立てる仕事がしたいと思い、警備員の仕事に興味を持つようになりました。人々の安全を守り、困っている方をサポートする警備員として誰かの心の支えになれるよう尽力します。

体力に自信がある

私は幼少期からスポーツを続けてきており、体力には自信があります。警備員の仕事は、時には体力的にも精神的にも厳しい状況が求められると聞きますが、日々のトレーニングで鍛え上げた体力でそういった状況でもしっかりと対応していける自信があります。この体力を活かし、人々の安全のために役立てたいと考えています。

必要な項目をしっかりと記入し、ことが大切です。警備員として社会の役に立ちたいという意欲を示してください。

ゆっきち
ゆっきち

施設警備を主な業務とする会社では「施設警備業務検定」のような資格を持つ方や経験者の方が選考に有利です。

きつくない仕事を探すためには

きつくない仕事を探す方法としては信頼できる求人媒体からの探し方が良いでしょう。警備業務は一定の需要があるため、応募条件も幅広く自分に合った働き方が見つけやすいです。

採用されてから仕事を始めるまで
①バイト求人サイトで応募
②面接
③採用
④警備講習
⑤入りたい日(シフト)を報告
⑥メールで送られてくる仕事を受ける
⑦就業

警備員バイトは1日でがっつり稼ぎたい人におすすめ

警備員としてのアルバイトは拘束時間が長く、一日でしっかりと収入を得ることができます。その反面体力的な負担となる職種でもあります。

求人を選ぶ際にはしっかりと情報収集をし、信頼できる求人サイトから応募することが大切です。

自分の生活スタイルや体力に合わせて、最適な勤務先を見つけるための第一歩を踏み出してください。


Webサイトからバイト応募するなら「アルバイトEX」がおすすめです。企業の公式サイトから応募すると条件が悪くなりがちのためおすすめできません。

「アルバイトEX」は業界最多の求人数140万件以上アルバイト求人サイト21社の求人を一括検索できる求人サイトです。さらに採用されると最低30000円のお祝い金が全員もらえるので、お得にバイトを始めたい方はぜひチェックしてみてください。

お祝い金増額キャンペーン中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


21社の求人を一括検索できるアルバイト求人サイト
お祝い金増額キャンペーン中
アルバイト求人サイト21社の求人を一括検索できる
最寄りの求人をチェックする