スキマ時間で稼げる!ティッシュ配りバイトはノルマがきついって本当?

AD

スキマ時間で稼げる!ティッシュ配りバイトはノルマがきついって本当?
  • ぶっちゃけ仕事中サボれる?
  • 捨ててもバレない?
  • ノルマとかあるのかな・・・

ティッシュ配りをメインのバイトにするのはおすすめしません。

この記事では、ティッシュ配りバイトの仕事内容からメリット・デメリットまで解説しています。この記事を読めばティッシュ配りのコツを理解でき、働きやすさがアップします。

ティッシュ配りは受け取ってもらいやすい人を見分けて笑顔で手元に差し出すことで、誰でも格段と受け取ってもらいやすくなります。ノルマはありませんが、監視されていることが多いためサボることはできません。

お祝い金増額キャンペーン中

ティッシュ配りバイトの仕事内容

ティッシュ配りは、お店や企業の商品、サービスの宣伝のため広告が入ったティッシュやチラシを配る仕事です。指定された現場に入って、通行人にティッシュを配っていきます。

内容は新店オープンの呼び込み、新築マンションの営業、その他夜のお仕事の勧誘やキャンペーンなど多種多様です。

駅前や店舗前、ショッピングモールなどの人通りの多い場所で、渡したいターゲットの活動時間に合わせて配布します。

1日の流れは以下の通りです。

  1. 説明を受ける
  2. ティッシュに広告を入れる
  3. ティッシュを配る
  4. 解散

説明・広告入れ

当日、集合場所に着いたら配布すべきティッシュが渡されます。渡し方や声掛けのセリフ、誘導方法などの説明を受けます。

説明が終わったらいよいよ現場へ移動します。

ティッシュに広告(チラシ)を入れる作業があります。1ティッシュに5秒程度、1個の紙袋いっぱいのティッシュに広告を入れるのに約20分かかります。

ティッシュを配る

道行く人に元気よく声をかけて笑顔で配ります。通行人の性別や年齢、さらに雰囲気などを見極めて配ることが大切です。

契約内容によってティッシュがなくなるまで、もしくは決まった時間になるまで配布を続けます。

宣伝する職種によってはコミュニケーションをとることを重視する場合もあります。例えばコンセプトカフェなどの接客業の場合、ティッシュをきっかけに会話をすることを推奨する場合もあります。

たくさんの人に無料で試してもらうことで商品の良さを知ってもらったり、商品の知名度を高めるために行われます。

解散

ティッシュ配布後、周辺に捨てられたティッシュがないかの確認を行い、余ったティッシュや箱を返します。段ボールを事務所に持ち帰り、1日の配布数を日報に記入し、解散します。

現地で終了報告だけしてそのまま解散、というケースもあります。

ティッシュ配りバイトのきついところ・デメリット

ティッシュ配りバイトのきついところ・デメリットは以下の通りです。

  • 急に中止になる場合も
  • 立ちっぱなしの仕事で足腰が疲れる
  • 受け取ってもらえないと辛い
  • どんなところで配るのか当日までわからない
  • 暑さ寒さがつらい
  • まとまって稼げない

急に中止になる場合も

会社によって、雨天でも合羽を着て配るところと雨天のときは中止のところがあります。雨天中止の会社の場合は、当日の天候によって急に仕事がなくなってしまうこともあります。

特に梅雨時や台風シーズンなどは、仕事が少なくなることを想定しておいた方がよいです。

立ちっぱなしの仕事で足腰が疲れる

ティッシュ配りは立ちっぱなしの仕事のため足は疲れます。こまめに動き回るので仕分けや引っ越しなどの肉体労働と比べればそれほどきつくはないです。

声を出しながらティッシュを配って、ティッシュを補充して…とせわしなく動き続けるため地味に疲労がたまっていきます。

疲れ具合は人通りが多い場所と少ない場所では大分違うため、場所と時間帯次第です。

立ち仕事で暑さ寒さの影響も受けるので肉体的な疲労が溜まりやすいです。

受け取ってもらえないと辛い

場所によっては受け取ってもらいづらくメンタル面のダメージもあります。避けられたりガン無視をされたりすると心に来ます。

ティッシュ配りが上手くいかなくても、文句や悩みなどを言えないのが難しい一面です。天気が悪くても配るところの場合はとりわけ大変です。

雨天時は受け取ってもらえる率が極端に下がります。傘に隠れて顔色がうかがいにくいので、ティッシュを渡すタイミングを判断することが難しいです。

同様に通行人も傘で手がふさがっているので、普段よりも受け取ってもらいにくくなります。傘をさしながら配布することもあり、通行の妨げになってしまいます。

嫌な顔をされることもあるので雨天時は何かと大変です。

どんなところで配るのか当日までわからない

どんなところで配布するのかは当日行ってみるまでわからないことが多いです。

  • ショッピングモール
  • 百貨店
  • フェスやエキスポなどのイベント会場
  • 駅のロータリー・繁華街

などバイト先となる場所は多種多様です。室内の仕事は人気があり、経験や知識が必要になる案件も多いです。

「経験者のみ」の募集が中心で、時給が良く稼働時間が短いなどメリットも大きいようです。

夏は暑く冬は寒さが辛い

ティッシュ配りのバイトは屋外での配布が多いです。天候の影響をモロに受けます。

雨や雪の日は外配りは中止、室内配りは雨天決行になる可能性が高いです。暑い夏や寒い冬には疲労がたまりやすいです。

夏なら日焼け止め、タオルなどの汗拭き、飲み物など。冬はホッカイロなどがあると体力的に楽になります。

仕事をしている最中に体調が悪くならないよう、健康を自分で守ることも大切です。

春や秋に働いた方が楽です。

ゆっきち
ゆっきち

早朝や深夜を避けた方が肉体的なつらさも少なくなります。服装も体調管理もしっかりとして十分に注意して対策をしましょう。

まとまって稼げない

ティッシュ配りはコツコツと稼ぐタイプの仕事です。1日で大金を稼ぐことは難しいです。

1回だけの単発バイトも多く、たまにしか仕事がありません。がっつり稼ぎたい人や安定して収入を得たい人には微妙です。

ゆっきち
ゆっきち

他のバイトをメインにして、ティッシュ配りは補助的に利用するのが良いでしょう。

ティッシュ配りバイトの楽なところ・メリット

ティッシュ配りバイトの楽なところ・メリットは以下の通りです。

  • 仕事が簡単
  • 人間関係が楽
  • 短時間のものが多い
  • 配布物がなくなったら終了
  • アクセスが良い現場が多い
  • 日払いのところが多い
  • 服装・髪色自由の求人が多い

仕事が簡単

ただティッシュを配るだけです。仕事は単純明快で覚えることはほぼありません。

広告(チラシ)を入れている時間は単純作業です。とても楽で人の目も気になりません。

肉体的にはなかなか大変ですが、ティッシュは受け取ってくれる人も多いです。精神的にはそこまできつくなく、配るのが上手い人は楽です。

ゆっきち
ゆっきち

扱う商品が軽いため、肉体労働ほどの重労働ではないため女性も多いです。

人間関係が楽

ティッシュ配りは自分のペースでできます。一緒に働く人との人間関係を気にしなくて良いです。

ティッシュを渡す相手とも一瞬だけの交流です。長く関わる相手が少ないため、全体的に人間関係の煩わしさがありません。

短時間のものが多い

ティッシュ配りバイトの勤務時間は1日2〜4時間程度が一般的です。8時間のフルシフトで入ることはほとんどなく、休憩もないケースが多いです。

道に人通りが多い時間帯に限る求人が多いです。拘束時間2時間くらいから求人が見つかることがあります。

会社員向けであれば朝の出勤時間や夕方の帰宅時間、主婦・主夫向けであれば日中などです。ターゲットが現れる時間が決まっているため、あまり長く拘束されることはありません。

拘束時間は他のバイトよりも短く、短期や単発の仕事が多いのも特徴です。勤務期間は単発・短期の募集が多いです。

特にイベントの告知やアミューズメント系のイベントのティッシュ配りだと、ごく短期間の配布で1日単位での募集もあります。ティッシュ配りは他のバイトと比べて自由度が高いのが特徴です。

配布物がなくなったら終了

すべての配布物がなくなるか規定の時間がくれば作業終了です。現地解散のケースが多いです。

決められた数を全て配り終えれば、シフトの時間がまだでも早く帰ることができる場合もあります。一瞬でお客様になりそうな人を見ぬいて手渡し、現場を重ねていく度に手際良くなっていきます。

予定の労働時間分の時給をもらえるので、早く終わればラッキーです。他のアルバイトとの掛け持ちもしやすく、金欠なときにサクッと働くのにも適しています。

ゆっきち
ゆっきち

大抵はノルマ分配り終えても余分に準備されています。結局時間までは配り続けないといけません。

アクセスがよい現場が多い

働く場所は駅前やお店の前など、人通りが多い屋外で働きます。交通アクセスのよい現場が多く、移動のストレスが少ないです。

ショッピングモールやイベントなどの会場は駅から離れることもあります。予め交通費支給の有無については確認しておくことをおすすめします。

日払いのところが多い

ティッシュ配りのお仕事は日払いでお給料が貰えるところも多いです。緊急にお金が欲しい時も便利です。

服装・髪色自由の求人が多い

服装や髪色が自由な求人が多いこともおすすめポイントの一つです。ピアスやネイルがOKな求人もあります。

不動産など堅いイメージのある職種など、会社によっては茶髪NGなど身だしなみが厳しい場合もあります。

ごく稀にスーツ着用のところもあります。女性の場合はヒールを履かないといけない会社もあることに注意が必要です。

アミューズメント業界や飲食店などは髪色や服装が自由な場合が多いようです。ただし企業イメージに沿った服装が指定される場合もあるので注意が必要です。

身だしなみについては事前に確認しておくと安心です。

ティッシュ配りのコツ

ティッシュ配りはティッシュを必要としている人に受け取ってもらえることが多いです。大変さもあります。

しかし人に喜んでもらえたり声をかけてもらえます。

ティッシュ配りのコツは以下の通りです。

  • 信号待ちで止まっている人に渡す
  • 手元の高さに出す
  • 声かけのセリフはシンプルに、お礼はしっかり言う
  • 受け取ってくれやすい人に渡す
  • 笑顔で渡す
  • 数個まとめて手に持っておく
  • 受け取ってくれない場合は諦める

信号待ちで止まっている人に渡す

信号待ちなどで立ち止まっている人は、相手も受け取らざるを得ない状況になるため受け取って貰える率が高いです。

歩道上でも人が多く通る導線があります。その導線を見つけたらふさがないように脇に立ちます。

通る人の斜め前から笑顔でティッシュを差し出すと受け取ってもらえることが多いです。

渡す時は「お願いします」ではなく、「どうぞ」と言って渡すと、比較的短時間でたくさんの数を配れることがあります。

チェックポイント

配る際、道行く人の進行の妨げにならないように注意することがポイントです。目の前に立たれると、歩いている人は気分を害します。

手元の高さに出す

渡すときは相手の手元の高さに差し出すと受け取ってもらえる可能性が上がります。

荷物を持っているときは荷物を持っていないほうの手にティッシュを差し出すと格段に受け取ってもらいやすくなります。受け取りやすい側の手元にさり気なく差し出すのが受け取ってもらいやすい渡し方です。

声かけのセリフはシンプルに、お礼はしっかり言う

ティッシュを「受け取っていただく」気持ちで、声掛けはシンプルにするのがポイントです。

「〇〇のご案内です」「この先の〇〇が新規オープンです」など、何を配っているのかを簡潔に伝えることが重要です。

受け取ってもらえたら「ありがとうございます」とお礼も忘れずに伝えましょう。

受け取ってくれやすい人に渡す

以下の人を狙うと受け取ってもらいやすいです。視線を合わせながら手元の受け取りやすい位置に堂々と差し出せば、もらってくれることが多いので試してみましょう。

  • マスクをしている人
  • 主婦
  • 学生
  • 外国人
  • ゆっくり歩いている人

反対に次の人は受け取ってもらえない可能性が高いです。

  • 速足で歩いている人
  • 荷物で両手が塞がっている人
  • 手ぶらの人

遠目に自分を見て避けようと距離を取る人もいます。 そういう人は渡されるのが嫌な人です。

無理に渡さないようにしましょう。

同じ人に2個以上配ることに関しては注意する必要があります。見つかれば損害賠償を請求されかねません。

ティッシュ等を受け取った人が広告に記載された番号にクレームを入れることで発覚するケースが多いです。

主婦

トイレットペーパーやポケットティッシュの価値を分かっている主婦は受け取ってくれやすいです。人によっては何度も往復して貰おうとしてくる人も結構います。

中高年の女性の場合は、遠くを歩いていても自分からもらいに来てくれる人もいます。

外国人

非常にめずらしく意外と受け取ってくれるのが外国の人です。外国にはティッシュを配るという習慣がありません。

笑顔で渡す

短時間でいい印象を残すためにもにっこりと笑います。印象が良いと宣伝する会社のイメージアップにもつながります。

マスクで表情が見えにくい時は、声のトーンを1段階上げ明るい声でハキハキ話すことも有効です。

ゆっきち
ゆっきち

笑顔で元気よく渡されたほうが相手も受け取ってあげようという気になります。

数個まとめて手に持っておく

配る度に1回ずつ持ち直すと、次々やってくる人波に対応できない場合もあります。段ボールから補充する時間を節約するために時間を効率的に使いましょう。

例えば次のような対策があります。

  • 数個まとめて手に持っておく
  • ストック用のかごを用意する

渡す機会を逃さないために、効率的に手渡せるようにしておくことも大切です。

受け取ってくれない場合は諦める

受け取ってくれない場合は諦めましょう。場所や時間帯によってはなかなか受け取ってもらえないこともあります。

目を合わせてくれない人やもらってくれない人に無理やり渡そうとしても難しいです。

素通りされたらすぐ次の人に渡す割り切りも必要です。後ろから追いかけるような渡し方も同様に不快感を与えます。

やめておきましょう。

時には嫌な態度を取られたりもしますが、気にせず淡々と配るのがポイントです。

ティッシュ配りのバイトの給料(平均時給・月収)

ここでは以下の点について解説していきます。

  • ティッシュ配りバイトの平均時給
  • ティッシュ配りバイトの平均月収
  • 時給を上げるには
  • 日払いはある?

ティッシュ配りバイトの平均時給

時給1,200~1,500円が一般的です。都内では時給1,500円以上の求人もたくさん見つかります。

交通費も支給してくれるところが多いので、割と実入りは良い方です。

配布するティッシュがどういうものかによって差があります。ガールズバーやキャバクラのティッシュだと時給1,500円などの場合もあります。

お仕事が不定期かつ突発的なものが多いです。実施したい時に確実に人員を集めるために高めの時給設定になっています。

ティッシュ配りバイトの平均月収

1日に働ける時間は4時間程度です。日給換算で4,000円前後といったところです。

給料の受け取りは日払い・週払いなどに対応していることが多いです。日雇いの仕事のため平均月収は算出しにくいです。

時給を上げるには

時給を上げる方法は次の通りです。

  • 土日祝日に働く
  • たくさん配る
  • 歩合制のティッシュ配りで働く

土日祝日に働く

繁華街で土日祝日の人通りが多い日には時給が高くなります。反対に、地方で施設内などのティッシュ配りの場合はそれほど時給が高くない傾向があります。

たくさん配る

時給は配る数に比例すると考えて良いです。予定より早く終わっても給料が保証されることもあるので、全ては頑張り次第と言えます。

歩合制のティッシュ配りで働く

歩合制であれば一つティッシュを配るごとに3円から5円ほどの歩合がもらえます。ティッシュ配りのコツがつかめれば、歩合制にすることで給料を増やすことができます。

日払いはある?

日給制のところもあり、7時間勤務で日給8,000円程度となっています。単発のお仕事も多く中には日払いOKのところもあります。

ティッシュ配りバイトが向いている人、向いていない人

ティッシュ配りバイトが向いている人は次の通りです。

  • コミュニケーションが好きな人
  • 人間観察が好きな人
  • 好きな時間に働きたい人
  • 単純作業が好きな人

コミュニケーションが好きな人

上級者になるとティッシュ配りをしながら初対面の人とのおしゃべりを楽しむ人もいます。人と接するのが好きな人にはピッタリのバイトです。

人前に出ることに抵抗がなく、効率よく稼ぎたい人にはおすすめのバイトです。

人間観察が好きな人

たくさんの人が通る場所に立ち続けるので、人間観察が好きな人も楽しめます。

怖そうな見た目なのに笑顔で受け取ってくれる人、みんなが無視して通り過ぎる中、「頑張って!」と声をかけてくれる人もいたりします。

いろいろな人がいるので飽きずに楽しめます。

好きな時間に働きたい人

ティッシュ配りのバイトはコンスタントに募集があります。2時間からOKなど短時間から働ける求人も多いです。

休めない曜日があると困る人や好きなときだけ働きたい人にも向いています。フリーターはもちろん、限られた時間で働きたい主婦や学生にも人気があります。

単純作業が好きな人

単純作業をゲーム感覚で楽しめる人にはティッシュ配りは楽しいバイトです。単純作業なので特別な技能は必要ありません。

初めてアルバイトをする学生やブランクのある主婦にも始めやすいバイトです。

こんな人には向いてない

精神的に弱い人は向いていないと言えます。ティッシュ配りバイトは、受け取ってもらえないこととの戦いです。

受け取ってもらえない時にどうやったら受け取ってもらいやすくなるか、挨拶の仕方や渡し方など、自分で考えて工夫できる人はティッシュ配りのアルバイトには向いています。

ティッシュ配りバイトの評判・口コミ

ここではティッシュ配りバイトのリアルな口コミを集めました。良いクチコミからイマイチなクチコミまで幅広く紹介しているので、参考にしてください。

朝の8時から駅前でティッシュ配りしてました。

朝の8時から駅前でティッシュ配りしてました。特にしんどいという印象はなかったですかね。
まぁ差し出しても受け取ってもらえないことがあるのは当たり前でしょうし、時々睨みつけられたりしたこともありましたけど慣れればどうってことなかったです。

投稿者:スナックさん

この仕事で辛いことは夏は暑い、冬は寒い。

この仕事で辛いことは夏は暑い、冬は寒い。これに尽きる。
私がしていたところは休憩なしで3時間のティッシュ配布。
だから夏はのどが渇くし、冬は雪とか雨が降った極寒の時に3時間立ちっぱなしは辛い。

場所を移動するのは当然ダメなのでブルブル震えながら仕事してました。

ただ先輩から干渉されるわけでもなく、ちょっとティッシュをいただいたこともあってティッシュを買う必要はなくなりましたけど、いいバイトなのか?微妙。

投稿者:出勤さん

消費者金融会社のティッシュ配りしてました。

消費者金融会社のティッシュ配りしてました。配る時間は朝で駅の出口付近です。
この時間は消費者金融の他社も配るので場所取りは早いもの勝ちなので早くいい場所を取るようにっていつも会社から言われてました。

やっぱりいい場所取れないとティッシュを受け取ってもらえる割合も格段に減ります。
会社から一日でこれくらいは配りなさいというノルマもあるので減らない時は時間が過ぎても配り続けることも少なくなかったです。

投稿者:ホームさん

週に3日入ってるけど、さすがに長期でバイトしてると朝の通勤してる人の顔を覚えていく。

週に3日入ってるけど、さすがに長期でバイトしてると朝の通勤してる人の顔を覚えていく。
中には10個ちょうだいって言ってくる強者もいる。早く配り終えれるのであげるけど、そういう光景を目にする人が増えてきたからなのか最近三つちょうだい、五個ちょうだいって言ってくる人増えた。

あんまり増えると会社にバレそう。

投稿者:鬼太郎さん

ぐいぐい行ける人なら、楽なバイトだと思う。

配るものがティッシュペーパーであったため、受け取ってくれる人が多く、特に苦労しなかった。配り切ることが目的なので、受け取ってくれる人の少ないチラシ配りであったら比較的大変なのかな、と思う。日給は仕事内容に見合ったもので、不満はない。服装や態度は普通に真面目に対応すれば特に指摘されず、厳しくはない。夏場にずっと日のあるところに立って行っていたため、やや体力は必要であると思った。友達と応募したが、配置された場所はあまり近くなかっため、友達と作業するというより、一人作業のほうが多かった。

投稿者:なかむらさん

出来高でなく時給だし、予測ができる

ティッシュを配ると「近くのコンビニはどこですか?」や「今日の天気は雨?」など話しかける方が多くて、面白かった。受け取った人から「やった!」と喜んでもらえると私も嬉しかったです。夏に外で配るのはなかなか辛いですが、出来高制ではなく時給制なので、ノルマはないので気がラクです。他のバイトよりも少し時給がよかったです。立ち仕事に慣れていないと足は痛いです。この人はもらいそうな人だとか、もらわなさそうな人だとか、予測しながら配ると自分の中で面白みを味わいながらやっていました。

投稿者:ぺいじーさん

ただのティッシュ配りと思ったら、思いがけず知り合いに遭遇できて面白かったです。

某携帯会社のロゴ入りコスチュームを着てサンプリングしました。寒い時期にフルタイムは正直きつかったです。同じくロゴ入りのスタッフジャンパー(コート?)も支給されましたが、それでもずっと外にいるとなると想像以上に堪えます。
街中でよく見かける光景ですが、「どうぞー」「○○○○でーす」と声を出しても受け取ってもらえる率は割と低いです。変なキャッチもビラも要りませんし、配布されるティッシュは紙質が硬いものが多いし・・・。
しかし声掛けのバリエーションを「○○○○です!ティッシュどうぞ!」と言ってみたり、「おはようございます!○○○○です!使ってくだいさいねー!」などと、あなたに受け取ってほしいですとアピールすると受け取ってもらえたりします。
低時給でも高時給でもないです。ちょっとその辺のバイトより上かな?というくらい。
ちょっとした一期一会や人間観察、立ち仕事と声を出すのが好きな人におすすめです。

投稿者:ひのえさん

出典:まるちょんBBS/いろいろ評判ランキング

ティッシュ配りバイトの面接のコツ

面接だけでなく登録会という形を取る場合も多くあります。

面接では登録制のアルバイトの場合、スキルなどはほとんど聞かれることはありません。働ける日数やスケジュールなどを聞かれることが多いです。

よく聞かれる内容として次の質問が挙げられます。

聞かれる質問

  • 月に何回入れるか
  • 希望の仕事内容
  • この派遣会社を選んだ理由

サンプリング以外の仕事も扱う会社であれば、どんな仕事をしてみたいかも聞かれることがあります。

一般的なアルバイトの面接のように志望動機や経験などをしっかりアピールするのではなく、担当者と登録内容について確認するイメージです。

ティッシュ配りのバイトに採用されやすくなるコツ

ティッシュ配りで求められるのは何よりも笑顔とやる気です。派遣なので登録は誰でもできます。

しかし仕事を紹介してもらいやすくするためには派遣会社に登録に行った際に笑顔でハキハキ挨拶することを忘れないようにしましょう。

実際に仕事をもらうにはやはり通行人に対して笑顔で積極的に声がけができる人が求められます。

ティッシュ配りバイトの始め方

ティッシュ配りバイトを始めるまでの流れは以下の通りです。

  1. 派遣会社に登録する
  2. 登録会に参加してスタッフ登録する
  3. スケジュールが確定する

お店や企業に直接雇用されるメーカー勤務など直接雇用になることもまれにあるようです。派遣会社やイベント系の会社に登録するほうが確実といえます。

派遣会社に登録する

まずは募集している派遣会社に登録します。登録会でスタッフ登録をして希望日時を伝えます。

自分の希望する日時でティッシュ配りのバイトがあればティッシュ配りのアルバイトを紹介してもらえます。

ティッシュ配りは先着順で採用する場合がほとんどです。良い求人を逃さないためになるべく早めに応募することをおすすめします。

シフトは1日のみからできます。登録したからと言ってすぐに働かなければいけないわけではありません。

お金に困っている時、空いた時間を有効活用して効率良く稼ぎたい時など、登録しておくと何かと便利です。

ゆっきち
ゆっきち

登録をしておけば希望の日にすぐ働けます。求人サイトに掲載されていない仕事を紹介してもらえることもあります。

お得に派遣会社に登録する方法

求人サイトを利用するとお得に応募することができます。まずは派遣会社に登録し、バイト募集の検索サイトをいくつか探します。

比較するとより良い条件のバイトが見つかりやすくなります。不自然なほどの高時給の場合も警戒したほうが良いです。

大手企業や信頼できるバイトの検索サイトから探したほうがトラブルは少なくなります。アルバイトEXなら140万件の求人の中から選ぶことが可能で、採用されるとお祝い金5万円がもらえます。

お祝い金増額キャンペーン中

登録会に参加してスタッフ登録する

派遣会社もゆるい、厳しいなどそれぞれ違います。登録会ではピアス等アクセサリーは外していったほうが無難です。

厳しい派遣会社では身だしなみがきちんとできていない場合、登録前に帰されてしまうこともあります。気軽に参加できる登録会だとしても身だしなみはきちんと整えて参加することをおすすめします。

登録は登録会に参加する方法が一般的です。中にはWEBのみでOKという派遣会社もあります。

事前に確認しておきましょう。

仕事の説明も登録当日に説明されるのが一般的です。

エントリーシートや履歴書があれば、例えば次の項目に基づいて担当者と一つずつ確認します。

  • 登録する氏名や住所、電話番号などの確認
  • メールアドレスに間違いがないか
  • サンプリング以外の仕事で、できないorやってみたいジャンルはあるか
  • アレルギーなどの持病、健康状態について

大きな問題がなければ基本的に登録後すぐに仕事を請けられる状態になります。

ゆっきち
ゆっきち

万が一仕事中に何か起きた場合、すべての人に影響が出てしまいます。特に健康状態に不安がある方は何ができて何ができないのかをしっかり伝えましょう。

スケジュールが確定する

当日になったら指定された集合場所に向かいます。

持ち物は次の通りです。

  • ペン
  • 通帳
  • はんこ
  • 履歴書

履歴書が不要な場合は、登録会当日エントリーシートに個人情報や仕事の希望などを記入します。履歴書・エントリーシートをもとに担当者と面談を行います。どんな仕事をしたいのか、NGの仕事はあるかなどを確認しながら最初の仕事を紹介してもらいます。

その場で必ずしも応募しなければいけないわけではありません。あとからメールや専用サイトで紹介される案件を選ぶことも可能です。

派遣会社や企業によっては他のアルバイトと同様に面接を行う場合もあるようです。

ティッシュ配りバイトのよくある質問

ここではティッシュ配りバイトのよくある質問について回答します。

  • 年齢制限はある?
  • 勤務時の服装は?
  • ノルマはある?
  • 捨ててもバレない?

年齢制限はある?

派遣会社の登録は基本的に年齢制限はありません。高校生でも登録することは可能です。

しかしクライアントとターゲットによって、「どういう人にティッシュを配って欲しいか」は決まっています。

働いている人は20代〜30代後半が多です。40代以上の人はあまり見かけません。

ゆっきち
ゆっきち

派遣会社によっては18歳〜としている会社もあります。会社によって高校生は働けない場合もあります。

勤務時の服装は?

服装や身だしなみについては指定があることが多いです。

上は企業配布のTシャツなどを着る場合が多いです。仕事内容によってはスーツ等で仕事をすることもあります。

ズボンはチノパンやジーパンなどが指定されます。

ほかは各自で用意というパターンが多いです。大抵は色などの指定があります。

依頼主のイメージを崩さないよう、清潔感のある身だしなみを心がけることが大切です。可能であればシャツなどの襟付きのものが理想的です。

長髪や茶髪、ヒゲやピアスなどは禁止なことが多いです。サンダルやミニスカートなど、極端に露出度の高い服装には十分に注意しましょう。

ジーパンの場合は破れがない、汚れがない、色落ちがないなどに十分な注意を払いましょう。髪色は一般的なアルバイトに比べてゆるいようですが、地毛に近い落ち着いた色にとどめたほうが良いです。

靴はスニーカーで大丈夫です。汚れがなく、白か黒のシンプルなデザインの物がおすすめです。

爪は伸びているのが目立たないようにきれいに切りそろえましょう。

手持ちの服で済ませる場合は綺麗なものを選ぶことです。Tシャツならカーディガンなどを一枚羽織るだけでもきちんとした印象になります。

ノルマはある?

無理なノルマを課して一気に複数を配ったり、捨ててしまったりすることを防ぐため、それほどきついノルマ設定はされていない場合が多いようです。「3時間配る」などの時間制ノルマを採用するところが増えています。

ノルマがあってもあくまでも目標です。配り終えるまで帰れないということはありません。

始業時にある程度の目標を伝えられます。極端に配る数が少なかったりすると途中で帰らされる=首になるケースもあるようです。

ノルマはない場合がほとんどですが、「持参した段ボール分は配布する」というルールがある場合が多いです。ノルマの有無は事前に確認しておいた方が良いです。

捨ててもバレない?

広告主やクライアント、派遣会社の責任者がこっそりと見回りにくる場合が多いです。ティッシュ配りのバイトは監視されている場合が多いです。

サボっていればすぐに会社に報告されることがあります。

バイト常連者になると「カラス」と呼ばれるティッシュ配りの見張り役、「フクロウ」と呼ばれる見張り役の見張り役、フクロウを監視する「バードウォッチャー」なる仕事も任されることがあります。

ティッシュ配りは短時間から稼げるバイト

ティッシュ配りのバイトは2時間程度の短時間から始められ、比較的高い時給をもらえます。

夏と冬がきつく、雨が降ると中止になったりするので、梅雨の時期は稼ぎにくいバイトです。しかし春や秋に働くと肉体的にも楽に働くことができます。

ティッシュ配りのバイトの評判は、「きつい」「大変」といった悪い口コミはあまりなく、「コツをつかむと楽しい」「感謝してもらえる」といった良い口コミが多く、評判は良いようです。

興味のある方はまず募集している会社に登録してみてください。


Webサイトからバイト応募するなら「アルバイトEX」がおすすめです。企業の公式サイトから応募すると条件が悪くなりがちのためおすすめできません。

「アルバイトEX」は業界最多の求人数140万件以上、アルバイト求人サイト21社の求人を一括検索できる求人サイトです。さらに採用されると最低30000円のお祝い金が全員もらえるので、お得にバイトを始めたい方はぜひチェックしてみてください。

お祝い金増額キャンペーン中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


21社の求人を一括検索できるアルバイト求人サイト
お祝い金増額キャンペーン中
アルバイト求人サイト21社の求人を一括検索できる
最寄りの求人をチェックする